島らっきょうの考え方。

島らっきょうを試験栽培しておりますが、近い将来、販売することになります。

これまで朝倉の地でボランティア活動をしながら農家さんの実情を知ることになりました。また、臼杵市でも台風の影響で泥だらけになった米を救出し、1粒の米でも大事に精米されている農家さんの姿を拝見しました。

そこで、収穫した島らっきょうは可能なかぎり全て使い切るようにしたいと考えております。

コメントを残す